ダイレクトメールとは簡単にいうと、個人や法人宛に商品案内をしたり、カタログなどを送付したりするなどして宣伝をしていく販促手法の一つです。最近は広告チラシやハガキを郵送する以外にも、パソコンや携帯電話の普及によって電子メールを使用してダイレクトメールを送ることが多くなってきています。宣伝や販促に大きい効果が期待できるといわれていますが、ただ何も考えずに送るだけでは何の効果もありません。せっかく送るのであれば、いくつかの大事なポイントに注意して展開していくことが重要です。送り先の明確化や、その送り先の顧客に合わせた内容になっているか、顧客が興味を持つような特典やサービスは記載されているかなど、有効活用するための注意点は多くあります。ダイレクトメールのことをよく理解して活用していくことが大切です。

ダイレクトメールでお得な情報を得ています

消費税が上がった今、家計の負担を減らすために欲しいものは少しでも安く購入したいと考えるようになりました。たとえば、女性にとって欠かせない化粧品やヘアケア製品はできるだけ定価で購入せずに、セール価格のときにまとめて購入するようにしているんです。そこで、役立っているのがダイレクトメールです。いつも愛用している化粧品は通信販売で購入することが多くなったのですが、新製品が発売されたときをはじめ、セールやキャンペーンが開催されるときはメーカーさんからダイレクトメールが届くようになっているんです。いつも愛用している化粧品がセール価格になっているときは、使いきれる範囲でまとめ買いして得をするようにしています。中にはダイレクトメールを受け取った人だけが利用できるセールやキャンペーンもありますので、自宅に届いたときは必ず目を通すように心がけています。

ダイレクトメール、あなたはどうしてますか?

企業やお店などの販売促進の一つに、ダイレクトメールがあります。キャンペーンや新商品などのお知らせが印刷されたハガキや、チラシなどと一緒にポケットティッシュなどが入っていたりする事もあります。どこから住所を入手しているのかわからない様なものもありますが、無料会員登録をしたサイトやアンケート、またはサンプルなどを申し込んで会社などから来る事も多いのではないでしょうか。ダイレクトメール自体、どうしても必要な内容ではない事の方が多いでしょうし、中身を見ないで捨ててしまう人も少なくないかもしれません。ですが、なかには興味をもつ人もいます。そういった人がどれぐらいの割合でいるかというと、半分もいないかもしれません。しかし、何割かの人が興味を持ってくれれば企業としては成功なのではないでしょうか。実際に確認せずに捨ててしまう人も多くいるわけですし、企業もそれを踏まえたうえで発送しているわけです。ただ一つ、捨ててしまうのは本人の自由ですが、もしかしたら何かお得な情報が入ってるかもしれません。捨てる派の人達も、ちらっと見るぐらいはしても損はないかもしれません。

DM印刷、宛名印字、発送込。郵便料金が最大44%オフ!広告郵便物の申請手続OK。電話サポートで安心。 DMパックでは、郵便料金が最大で44%オフになります! DM作成でお悩みのご担当者様!まずはお電話下さい。 圧着はがきの印刷~発送までOK。サポートも安心! ダイレクトメールの申請、印刷、宛名印字、郵便番号区分、発送までのワンストップサービスをご提供します。 ダイレクトメールのご依頼は「DMパック」へどうぞ!